06-7504-231706-7635-9745
アメブロFacebook Twitter Instagram
logo

当店は、ステンドグラス材料販売(店頭販売・通販)、ステンドグラス教室を運営をしています。


ガラス

ステンドグラスを作るためのガラスをご紹介させていただきます。


色による分類

ステンドグラスを作るためのガラスを、ブランド・メーカー関係なく色でお探しいただけます。


メーカーによる分類


スペクトラム

Spectrum Glass Company.

1974年創立。アメリカ・ワシントンに拠点のある、世界一のガラス出荷量を誇るガラスメーカーでした。
2016年に閉業したため、2017年よりOceanside Glasstileが製造を引き継いでいます。
ガラスの種類が豊富で、テクスチュア(表状)もバラエティーに富んでます。
上品な趣のあるウォータガラスや迫力のある流れが特徴のリーミー等人気のガラスがたくさんあります。
厚みがほとんど一定で、カットしやすく、色も鮮やかい安定しているため定番としてご使用いただけると共に、現代感覚の作品にもあいます。

スペクトラム

ココモ

Kokomo Opalescent Glass Co.

1888年にCharles Edward Henryがインディアナ州ココモに開業したアメリカの最も古いガラスメーカーです。
Henryは1846年にパリで生まれ、1880年頃にアメリカに移住しニューヨークにHenry Art Glassを設立しました。
ニューヨークで活動していたため、Louis Tiffany等のガラスアーティストとも親交がありました。

ココモのガラスは、日本の古いステンドグラス作品から使用されています。
派手さは少ないですが、色数が豊富で落ちついた色合いは、自然を題材にした具象作品に適しています。
クリアガラスのテクスチュアも数多くあり、制作を楽しましてくれるはずです。
元板は81x81cmです。販売サイズは、元板の1/16の20x20cmからです。

ココモ

ブルザイ

Bullseye Glass Company.

1974年に3人の美術学校の卒業生がオレゴン州ポートランドに設立した設立しました。
以降、ステンドグラス制作のためのガラスよりキルンワーク(フュージング用)のガラスを製造しています。
Warm Glass @ Bullseyeというフュージングアーティストのためのコンテストを主催したり、子供向けのグラス・ラボやアーティストとの共同製作プログラムなど革新的なアイデアでガラス業界の発展につくされています。

ブルザイのガラスは、鮮やかな色彩と色数の豊富さが特徴です。
単色の不透明のガラスは他にないカラフルさがあり、どれを使うか迷うほどです。
ストリーキーはベースに同様のガラスを使っているので面白いガラスが多いです。
ランプに使いたいモトルガラスの製造は終了したため、在庫限りとなります。
現在製造されているガラスはフュージング用に膨張係数が96に設定されています。
元板は50x88cmです。販売サイズは、元板の1/8の24x22cmからです。

ブルザイ

ウィズマーク

The Paul Wissmach Glass Company, Inc.

1904年にドイツ移民であったPaul Wissmachがウェストバージニア州に開業したアメリカでも古いガラスメーカーです。
同社のガラスは、ホワイトハウス、ワシントンD.C.の旧エグゼクティブオフィスビル、ローマのバシリカ、世界の多くのランプで見ることができます。
ガラスアーティストの要求に応えるため、常に新しい色と種類のガラスを導入しています。

ガラスの質が安定しているためカットしやすく初心者からベテランまで使いやすいガラスです。
イングリッシュマッフルは、古びた色合いの趣きのあるガラスです。
独特なテクスチュアもあり、キャセドラルでも光の屈折を利用した作品づくりに向いています。
元板は106x81cmです。販売サイズは、元板の1/16の26x20cmからです。

ウィズマーク

ヤカゲニー

YOUGHIOGHENY OPALESCENT GLASS COMPANY INC

1976年にJohn W. Triggsがペンシルベニア州コネルズヴィルに開業した新しいガラスメーカーです。
Triggsの色へのこだわりが追求されたガラスは一見の価値があります。
Oceana(オセアナ)も、現在はヤカゲニーで製造されています。

ヤカゲニーは、パートドヴェールの様な柔らかい発色のスティップルガラスをはじめ、ランプシェード用のガラスを生産しています。
ティファニーが使用していたガラスの再現にも力をいれています。
スティップルガラスの白は、障子のような質感で和の雰囲気作りに最適です。

ヤカゲニー

オセアナ

Oceana

柔らかなモトルガラスがティファニーのレプリカを制作する最高のガラスでした。
廃業したため、現在はヤカゲニー社がブランドを引き継ぎオセアナを製造しています。

当店では、在庫分限りですが以前のオセアナもございます。
もちろん、新オセアナも独特の雰囲気のランプに最適のガラスです。

ヤカゲニー

ウルボロス

Uroboros Glass Studios Inc

1973年にEric Lovellがオレゴン州ポートランドに開業したガラスメーカーです。
Lovellは、1928年に閉鎖されたTiffany Studiosによって発明されたリングモトルガラスの再現につくししました。
ウルボロスは古代の象徴の1つで、己の尾を噛んで環となった竜を表しています。中世の錬金術師は、この竜を永遠の再生や生命の無限循環としてとらえました。錬金術師は、くずを貴重な金に変えようとしました。ウルボロス社は、錬金術師の伝統や知識を称え、素材を元にアートガラスを作る自社をウルボロスと読んでいます。

ウルボロスのガラスは小さな工場で作られる手作りのガラスです。
色鮮やかで斑点の模様が特徴的なリングモトルガラスは是非ランプシェードにお使いください。
フラクチャー&ストリーマーなどベースのガラスに他のパーツを散らした独創的なガラスもあります。
元板は60x60cmまたは76x60cmです。販売サイズは、元板の1/8の30x30cmまたは38x30cmからです。

残念ながらスペクトラム社と同様に、2016年に閉業したため、2017年よりOceanside Glasstileが製造を引き継いでいます。

ウルボロス

サンゴバン

saint-gobain

サンゴバン社の歴史は古く、1665年ルイ14世の治世に国策会社としてパリで創業し、当初は鏡を製造していました。
フランス革命や産業革命を経て1830年に独立した企業となり、その後は鏡やガラスだけでな多岐にわたり事業を拡大しています。
現在は従業員数が20万人をこえる国際的な企業として発展しています。

サンゴバンのガラスは、3つに分類されます。
まずは、SAINT-JYST社が製造する昔ながらのアンティークガラス。
次に、機械でダブルロール方式で製造する型板ガラス。
最後に、フュージングにも使用できるニューアンティーク。

特に型板ガラスは、豊富なテクスチュアからステンドグラスだけでなく、インテリアや家具に取り入れることで印象が大きく変わります。

サンゴバン

ショットデザーク ARTISTA®

Schott AG desag

1884年にドイツのテューリンゲン州イェーナでオットー・ショット、エルンスト・アッベ、カール・ツァイス、およびカール・ツァイスの息子ローデリッヒ・ツァイスによってGlastechnisches Laboratorium Schott & Genossenとして設立されました。
現在は、ショット(Schott AG )として、ドイツのマインツに本社を置く、光ファイバーや平面ディスプレイなどの産業用ガラスのメーカーとなりました。
以前はDESAG社が製造したARTISTA®はSchott社が製造しています。

ショットデザークのアーティスタARTISTA®は、フュージング用として信頼性の高いガラスですが、表面のアンティーク調の引っ掻き模様をそのまま活用した使い方もひとつです。

ショットデザーク

モレッティ ムラーノ

Moretti EFFETRE MURANO SRL, 

イタリアのヴェネツィア本島の北東にあるムラーノ島で作られています。
ムラーノ島のガラス職人は15世紀に高度な星のミルフィオリを製造していました。
19世紀にVincenzo Morettiがこれらの製造方法を再構築したためムラーノ産ガラスはモレッティと呼ばれるようになりました。

フュージングやバーナーワーク用に製造される板ガラスや棒ガラスです。
色数が豊富なためステンドグラスにもご利用いただけます。

モレッティ

オプティマム

Optimum Art Glass

オプティマム社は比較的古くからあるアメリカのコロラド州にあるガラスメーカーです。

その特徴的なテクスチュアガラスは、独特の存在感があります。 主役にもなれるクリアガラスが、あなたの作品に新たな感性を与えてくれるでしょう。

オプティマム

色ガラス以外の素材

ステンドグラス,ガラス,フロート(並板)
ステンドグラス,ガラス,鏡・ミラー(銀引)
ステンドグラス,ガラス,ナギット
ステンドグラス,ガラス,ジュエル
ステンドグラス,ガラス,べベル
ステンドグラス,ガラス,スパッタリング

副資材


薬品

薬品

カッティングオイル・フラックス・ペースト・洗剤・パティーナ・ワックス・接着剤・パテ等のステンドグラス用の薬品以外にも、バーナーワークやフュージング、絵付けの薬品も販売しています。どの薬品も材料にあわせてお選びいただくことが重要です。

薬品
ハンダ

棒ハンダ

ハンダは、錫(すず)と鉛(なまり)の合金です。鉛を含まない、鉛フリーもあります。松脂やフラックスを含まないステンドグラス制作用のハンダです。作品のハンダをきれいに仕上げるためには、錫の含有率を意識することは重要ですが、あわせてハンダゴテ・フラックスもご検討ください。

ハンダ
カッパーテープ

カッパーテープ

カッパーテープは表面が銅製のテープです。ガラスの厚みとハンダのラインを考慮して 1.幅 2.裏の色 でお選びください。3/16inch(4.8mm)・7/32inch(5.5mm)の裏が黒のテープが、ステンドグラスではよく使われています。

カッパーテープ
ケイム・補強材

ケイム・補強材

ステンドグラスのケイム・補強材は、1.幅 2.素材 でお選びください。幅は、作品を正面から見た際にラインになる部分です。作品の要素だけでなく強度にも影響します。素材は、鉛(リード)以外に真鍮(ブラス)や亜鉛(ジンク)があります。

ケイム・補強材

パーツ類


ステンドグラスのランプパーツ

ランプパーツ

ランプパーツには、ニップルやナット等の取付パーツ・ループ・ギボシ・キャップ・スパイダー・ハープ・グースネック用品等多彩なパーツがございます。完成したステンドグラスのデザイン性や強度を上げてくれるパーツがたくさんあります。

ランプパーツ
ステンドグラスの電気パーツ

電気パーツ

電気パーツには、ソケットとソケットカバーの他に、スイッチ・コード・クラスターやフランジもございます。完成したステンドグラスに電気をいれる方法はランプベース以外にもあります。ソケットやソケットカバーはインテリアデザインやDIYにも活躍しています。

電気パーツ
ステンドグラスの時計パーツ

時計パーツ

時計パーツは、ムーブメント・針・文字符からお選びください。

時計パーツ
ステンドグラスの真鍮パーツ

真鍮パーツ

真鍮パーツには、様々な飾りがあります。箱を飾るための材料としてヒンジや取っ手、足の部分にコーナー。ステンドグラスの淵を飾るバンド。クリスマスなどに使用できる星のパーツもあります。

真鍮パーツ

その他の工具


ハサミ

ハサミ

ペン

ペン

作業台

作業台

定規

定規


ハンマー

ハンマー

砥石

砥石

ヘラ

ヘラ

筆・ブラシ

筆・ブラシ


あると便利

あると便利

安全用具

安全用具

テープ

テープ

ニッパー

ニッパー


ランプ制作

ランプ制作

ケイムナイフ

ケイムナイフ

ケイム制作用

ケイム制作用

バンドソー

バンドソー



ステンドグラス教室

ステンドグラス教室

スタジオヤマノでは「お客様の想いを形にする」をコンセプトにしております。「具体的な目的をお持ちの方」も、「漠然とこんなんできるかなぁとお考えの方」も、想いを形にするために、スタジオヤマノではお待ちしております。

ステンドグラス体験教室

体験教室

ステンドグラスを始めてみたい!と思われた方はぜひ体験制作にお越しください。2時間前後でステンドグラス制作の流れを体験していただけます。

ステンドグラス出張教室

出張教室

お近くに教室がなく、やっぱり実際にステンドグラスを学びたいという方のために、出張教室を実施してます。 ステンドグラスの他に、とんぼ玉(バーナーワーク)やサンドブラストもしています。 お友達との体験、PTAの行事、会社の福利厚生等に出張教室をご活用ください。ご興味のある方は一度スタジオヤマノまでご相談ください。


バーナーワーク

バーナーワーク

バーナーで棒ガラスを溶かして作品を制作します。当店で制作している佐竹ガラスを使った風鈴の音色は一味違います。ぜひ聴きにきてください。

サンドブラスト

サンドブラスト

砂を作品にあてて作品を制作します。表札やウェルカムボードの文字の部分を彫ったり、彫ったガラスをステンドグラスに組み込むことでデザイン性を高めれます。

フュージング

フュージング

ガラスを窯(キルン)で溶かして作品を制作します。オリジナルの表札や食器だけでなくチェス盤を制作された方もいました。


店名 スタジオヤマノ
所在地 〒565-0824 大阪府吹田市山田西1-11-3
電話 06-7504-2317
FAX 06-7635-9745
E-mail info@studio-yamano.com
メールソフトが起動します。
info@studio-yamano.com
お問い合わせフォームを表示します。
営業時間 9:00-19:00 月曜から金曜
内容 ステンドグラスの材料販売とステンドグラス教室の運営
SNS アメブロFacebook Twitter Instagram

Studio YAMANO Address:1-11-3,Yamada-nishi,Suita,Osaka,Japan 565-0824 Tel:81(0)6-7504-2317
Copyright(C) 2005 Studio YAMANO. All rights reserved.
このホームページの内容(画像、その他すべて)を無断でコピーすることは固くお断りいたします。
logo